HOME > 製品紹介 > 被覆熱電対

製品紹介

短納期 被覆熱電対

被覆熱電対

特徴仕様種類ASTMカラーコード形状応答特性試験

被覆熱電対

-200~700℃までの温度範囲で使用され、試験用、実験用の温度測定が主ですが、最近では燃料電池業界などでも使用され、活躍の場を広げています。データロガー用温度センサーとしても広く使用されています。
構造が単純なので保護管タイプと比べると安価でスペースも取りません。ただ、その分強度は劣ります。

ビニール、フッ素樹脂被覆はより短い納期での対応が可能になりました。ウェブにて選定もしていただけますので御覧ください。短納期被覆熱電対

こちらよりカスタマイズによるセンサー選定のお問い合わせ頂けます。

当日の午前中までにご注文を頂ければ同日出荷が可能な、即納温度センサーのシリーズに被覆熱電対が新たに加わり、ラインナップもモールド形、フィルム形が増えました。

詳しくはこちらのページをご覧下さい。
以下よりカタログをご覧ください。


即納対応品


表面温度測定に優れたフィルム形熱電対も新たにラインナップに加わりました。

熱電対の原理・種類・特徴についてはこちらをご覧ください。

被覆熱電対の用途別事例はこちらをご覧ください。

最適な表面温度測定方法についてはこちらをご覧ください。

特徴

仕様

常用使用温度範囲 -200~700℃
許容差 JISクラス1 JISクラス2 (許容差はこちら
熱電対種類 K , E , J , T
H2,H3

種類

被覆の種類 使用可能温度 素線の種類 記号 素線径【仕上がり寸法】(mm)   
ビニール -20~+90℃ K TC-K-G 0.1 【1.0×1.5】
0.2 【1.2×1.8】
0.32 【2.0×3.0】
0.65 【3.0×4.2】
E TC-E-G
J* TC-J-G
T TC-T-G
ガラスウール +20~+200℃ K TC-K-H 0.1 【0.9×1.2】
0.2 【1.0×1.3】
0.32 【1.3×1.8】
0.65 【1.5×2.3】
E TC-E-H
J* TC-J-H
T TC-T-H
ふっ素樹脂 -200~+200℃ K TC-K-F 0.1 【0.7×1.2】
0.2 【0.9×1.4】
0.32 【1.1×1.7】
0.65 【1.5×2.4】
E TC-E-F
J* TC-J-F
T TC-T-F
ガラスウール
外シールド
+20~+200℃ K   TC-K-HSOS 7/0.32 【2.9×4.6】
J* TC-J-HSOS
ポリエステル -20~+120℃ K   TC-K-P 0.1 【0.11】
0.2 【0.21】
0.32 【0.33
T TC-T-P
* タイプJの素線径はφ0.2mm以上からの取り扱いになります。

ASTM カラーコード被覆熱電対 

被覆の種類 常用使用温度(℃) 素線種類 記号 素線径【仕上がり寸法】(mm)
素線 被覆
ガラスウール 500 480 K 黄/茶 TC-K-HA 0.32【1.0×1.8】
0.5 【1.2×2.0】
0.8 【1.3×2.2】
600
700
高温用ガラスウール 600 700 K TC-K-HH 0.5 【1.8×3.1】
シリカファイバー 700 870 K TC-K-SF 0.8 【2.5×3.9】
セラミックファイバー 700 1200 K TC-K-CF 0.8 【2.5×3.9】
カプトン 600 300 K TC-K-KP 0.5 【1.1】
綿(UL認定用) 300 90 J TC-J-CO 0.25 【1.8】

"※ASTM規格は内被覆の赤がマイナスとなりますので注意して下さい。

形状

被覆熱電対 形状図


温接点形状
被覆熱電対 温接点
接続部形状
*モールド形については耐熱200℃で、ふっ素樹脂被覆のみとなります。素線径φ0.1は製作対応しておりません。
*シートカップル形についてはビニール、ふっ素樹脂被覆のみとなります。素線径φ0.05、0.1、0.2は製作対応しておりません。熱電対種類はK、Tのみになります。

技術情報―応答特性試験

撹拌水中及び静止空気中における、T1からT2への温度変化量を100%としたときの63.2%(時定数)及び90%の値を示すまでの時間は、以下のようになります。

被覆熱電対(露出形)

被覆熱電対 応答速度

種類 外径(φ)
単位(mm)
撹拌水中
単位(秒)
気体中
単位(秒)
63.20% 90% 63.20% 90%
被覆熱電対
(露出型)
0.05 <0.01 0.01 0.5 1.2
0.1 0.02 0.05 1.2 2.7
0.2 0.06 0.14 3.5 8.1
0.32 0.15 0.35 6.1 14.1
0.64 0.27 0.63 11.6 26.7

被覆熱電対(モールド形)

被覆熱電対 応答速度

種類 外径(φ)
単位(mm)
撹拌水中
単位(秒)
気体中
単位(秒)
63.20% 90% 63.20% 90%
被覆熱電対
(モールド型)
0.05 0.5 1.3 5.6 13
0.32 2.9 6.6 32 74
0.64 4.9 11 47 109


試験条件  

使用熱電対

ふっ素樹脂モールド被覆熱電対   ふっ素樹脂被覆熱電対

試験温度 T1:低温→T2:高温 常温→沸騰水中 常温→100℃静止空気
T2:高温→T1:低温 常温→氷点   100℃静止空気→常温
試験方法

供試被覆熱電対の検出部を室温から十分な温度差をもつ撹拌水中及び静止空気中に瞬時に置き換えて、時定数及び90%の応答時間を測定する。
応答時間は、T1→T2,T2→T1の平均時間とする。

準拠規格 JIS C1602 熱電対


センサー選定依頼

メールフォームお問合せ

事業所エリアマップ

pagetop